首の痛み、ストレートネック

腰痛、大腿部痛、右足の痺れ
40代 男性 カメラマン

初回時の状況

5年前から年に2回ほどぎっくり腰を繰り返してきたが、今回の腰痛で右足の痺れも出始めたということで来院された。職業柄デスクワークは非常に多くその際の姿勢もとても悪い。中腰姿勢は腰を痛めそうであまりできず、撮影中に腰が気になってしまう。

検査・カイロ整体・経過

SLRや触覚の検査などで神経系が障害されていないことを確認できたが全身の緊張感や脊柱のゆがみも強く、特に大臀筋の緊張が顕著であった。そのせいで股関節の可動域が狭まった代わりに腰部で様々な動きを行い過ぎていると考えられた。初回はアジャストと大臀筋のARTを行い中腰が楽にできるところまでの改善であった。その後は2~3日は調子が良かったとのこと。それから1週間毎に施術を行い、5日間、7日間と徐々に調子の良さが保てるようになった。5回の施術を終えた後からは撮影中にほとんど腰痛を感じなくなり目覚めも良くなった、今まで楽だったはずの悪い姿勢が逆に嫌になってきたと喜ばれていた。6回目現在では客観所見としても痺れの検査は陰性、大臀筋の癒着や脊柱のゆがみはかなり軽減されてきたのでなるべく長く効果を保てるように生活で必要な体操や姿勢の注意点などを伝え、徐々に施術間隔を空けている。

成田 俊輔

コメント

かなり強い筋緊張があり、自分が今どんな姿勢なのか分からないという状態からのスタートでしたが、アジャストによって身体感覚が向上しご自身で悪い姿勢かどうか分かるようになりましたので、段々と施術に頼らなくてもよくなってくると思います。最終的にはこの先にぎっくり腰になることはなく、2~3ヶ月に一度メンテナンスをすれば十分というところまで調子を上げたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA