症例報告

首の痛み、ストレートネック

腰痛、大腿部痛、右足の痺れ
40代 男性 カメラマン

初回時の状況

5年前から年に2回ほどぎっくり腰を繰り返してきたが、今回の腰痛で右足の痺れも出始めたということで来院された。職業柄デスクワークは非常に多くその際の姿勢もとても悪い。中腰姿勢は腰を痛めそうであまりできず、撮影中に腰が気になってしまう。

検査・カイロ整体・経過

SLRや触覚の検査などで神経系が障害されていないことを確認できたが全身の緊張感や脊柱のゆがみも強く、特に大臀筋の緊張が顕著であった。そのせいで股関節の可動域が狭まった代わりに腰部で様々な動きを行い過ぎていると考えられた。初回はアジャストと大臀筋のARTを行い中腰が楽にできるところまでの改善であった。その後は2~3日は調子が良かったとのこと。それから1週間毎に施術を行い、5日間、7日間と徐々に調子の良さが保てるようになった。5回の施術を終えた後からは撮影中にほとんど腰痛を感じなくなり目覚めも良くなった、今まで楽だったはずの悪い姿勢が逆に嫌になってきたと喜ばれていた。6回目現在では客観所見としても痺れの検査は陰性、大臀筋の癒着や脊柱のゆがみはかなり軽減されてきたのでなるべく長く効果を保てるように生活で必要な体操や姿勢の注意点などを伝え、徐々に施術間隔を空けている。

成田 俊輔

コメント

かなり強い筋緊張があり、自分が今どんな姿勢なのか分からないという状態からのスタートでしたが、アジャストによって身体感覚が向上しご自身で悪い姿勢かどうか分かるようになりましたので、段々と施術に頼らなくてもよくなってくると思います。最終的にはこの先にぎっくり腰になることはなく、2~3ヶ月に一度メンテナンスをすれば十分というところまで調子を上げたいですね。

首の痛み、ストレートネック

首の痛み、ストレートネック
40代 男性 運転手

初回時の状況

朝起きがけから首が痛く1週間前から我慢できないほど悪化され来院された。肩や腰には痛み止めが効くが首には効果がない。職業柄、姿勢はとても悪く、後方確認が辛い。

検査・カイロ整体・経過

上部胸椎の後弯が強く、正面を向くために常に上部僧帽筋を緊張させている状態であった。また車の設計上、左の後方確認は大きく振り向く必要があり左の後頭下筋群は全く弛緩できないほど緊張が強い。上部胸椎の後弯がそれらの筋肉を強く使わせていたため、モビリゼーションとアジャストを繰り返すこととした。7回目の施術後から首の痛みが当初の半分弱になり、10回目の後には首の痛みは全くなくなった。現在は就業した20年前からの頭痛の改善と更なる姿勢の改善のために月に2回のペースで施術を続けている。>/p>

成田 俊輔

コメント

痛みの原因になっている運転業務を続けながらの施術だったのでやや回数はかかりましたが、ご本人にも日常的なケアをして頂き無事に無痛の状態にすることができました。当初は仕事で振り向くたびに首が痛くストレスになっているとのことでしたので首が痛くなくなって嬉しいと言っていただけて私も嬉しかったです。

自律神経の乱れ、メンタルの不調

自律神経の乱れ、メンタルの不調 30代 男性 会社員

初回時の状況

2~3ヶ月前から気持ちの悪さや頭がボーっとする、不眠、冷え、倦怠感、目や口の渇き、背中の張り、頭痛などが発症し、整形外科及び心療科を受診して自律神経失調症、心身症と診断され休職中であった。サッカー選手がカイロプラクティックを利用していると知り、せめてバランスを整えようと思い来院された。 表情はやや虚ろで生気の無い目をしていた。

検査・カイロ整体・経過

第1頚椎、複数の中部胸椎、第1腰椎及び左右の腰仙部、仙腸関節に強いサブラクセーション(悪いゆがみ)が存在していたため、これらにより自律神経が非常に障害されている状態であった。アジャストによりそれらを調整するうちに、1度目の施術後には手の温かさ、2度目の施術後には身長1.5㎝向上、症状の軽減、3度目の施術後には背中の張りの消失、4度目の施術後には体も軽くほぼ無症状まで回復した。その1ヶ月後には復職しそれからは問題なく働かれており、その後は1~2ヶ月に1度メンテナンスで来院されている。既にメンテナンスとなった7回目の施術では周囲から背が伸びたと言われるようになったと朗らかな表情をされており別人のような笑顔を見せて頂いた。病院では原因不明とされたそうだが、カイロプラクティックの見立てとしてはサブラクセーションによることが明白なケースであった。

成田 俊輔

コメント

これぞカイロプラクティックというような非常にお役に立てたケースでした。現代医学ではサブラクセーションという状態は解明されておらず原因不明とされてしまうため、似たようなケースが有効な手段のないまま放置されてしまうことが多いように思います。原因不明と言われた自律神経の問題の方は是非一度お越しください。

肩から腕までのだるさ、指先のピリピリ感

肩から腕までのだるさ、指先のピリピリ感 50代 女性 事務員

初回時の状況

1ヶ月前にバッグを持っていたら急に左の指先から肩甲骨までがだるくなり整形外科にて頚椎症と診断された。処方された痛み止めを服用した状態で来院された。また、腰仙部に広がるような鈍痛がある。

検査・カイロ整体・経過

整形外科検査では頚椎の圧迫検査と牽引検査でともに陽性反応ではあったがTOS検査及びマイオトームでは陰性、デルマトームは胸椎1番領域がやや鈍い、腰椎椎間板の圧迫検査は陽性という結果であった。 触診所見では頚胸移行部に右回旋変位が認められ、左腸骨を伸展させるように押すと腰痛が誘発された。 以上から頚椎の変形部分が右回旋変位により神経に触れる状態になっていること、椎間板へ過剰な負荷がかかっていることを想定したが、痛み止めを服用中とのことで検査結果に十分留意し慎重に施術を行った。翌日は劇的に改善していたが1週間でやや戻ったということだったが、2回目の時点で頚椎牽引検査と椎間板への検査とデルマトームが全て正常な結果であったため、同じ方向性の施術を行った。その1週間後には指先のピリピリ感は残るもののほぼ良くなっているということだったが、神経の回復に伴ってか自然とそれもなくなった。 その後はだるさは無くなったものの今までの生活で負担がかかっていた箇所に負担が大きかった順に症状が出ているため月に1~2度の施術を継続している。

成田 俊輔

コメント

初回は痛み止め服用中の神経症状で来院されたので検査結果の精度が低まった状態ではありましたが、上記以外の細かい検査も鑑みてうまく施術できました。また神経症状は7~8回ほどかかる方が多い中、2回の施術の時点でかなりの改善があったのはこの方が非常に前向きな性格であり自然回復力が高かったからだと考えています。

息苦しさ、胸や腹のコリ

息苦しさ、胸や腹のコリ 30代 男性 デザイナー

初回時の状況

3年前から一日中感じる息苦しさがあり、いくつも病院や整体にかかったが原因不明と言われていた。5年前に転職した時から軽度の症状はあったが3年前に現在の会社に入社して一気に悪化した。お酒を飲むと悪化するが冷や汗や心疾患の既往はない。

検査・カイロ整体・経過

頚椎、胸椎、腰仙部全てに強いサブラクセーション(関節のゆがみ)があり、自律神経症状が乱れている可能性が非常に高かったのでそれらをアジャストしたところ初回からシャッキリした感じがあった。4日後の2回目の施術の問診の時点ではだいぶ良い状態を保っているとのこと。所見でも強さは減っていたもののサブラクセーションはまだはっきり残っていたので引き続きアジャストを行った。その7日後の3回目の施術では、もう息苦しさを強く感じることはないとのこと。コリも無くなっている。お酒を飲むとまだ悪化するとのことで引き続きサブラクセーションをアジャストした。その20日後の4回目ではお酒さえ飲まなければ息苦しさを感じることはなくなったとのこと。所見としても強いサブラクセーションはなくなり、軽度のゆがみを整える程度で良い状態であった。その後も徐々に来院頻度を落とし、継続したメンテナンスを行っている。

成田 俊輔

コメント

病院で異常がなくとも自律神経の乱れが症状を起こしていることはたくさんあると思います。むしろ異常が見つからなければ思い切りカイロプラクティックを行えるチャンスではないでしょうか。今回は自律神経の乱れを上手くコントロールできた良いケースでした。回を重ねるたびに表情が明るくなられていたのが印象的でした。

圧迫骨折による腰痛

圧迫骨折による腰痛 70代 男性 会社役員

初回時の状況

昨日階段を踏み外して左の尻もちをついた時に腰をひねってから腰痛があり、それから立ち上がり動作で痛みが誘発される。 30年前に似たように痛めた時はカイロプラクティックを受けて一発で治ったので今回もアジャストして治して欲しいとお一人で歩いて来院された。 ただし腰をひねってからの便秘、排尿障害があり、以前からの企図振戦の所見もあるがどれも病院は受診していない。

検査・カイロ整体・経過

アライメント検査で第1腰椎が明確に隆起しており、左のSLRで腰痛が誘発される。 仰臥位では膝を立てている方が腰を楽にして寝ていられる。 デルマトーム及びマイオトームは異常なし。 以上から、第1腰椎に骨折などの器質的な障害が発生しており、さらに腸腰筋の過緊張が必要以上に体幹屈曲を誘発して障害部位への負荷を増大していると考えた。 障害部位への負担軽減を目的に第1腰椎以外へのモビリゼーションと腸腰筋のカウンターストレインを行い、体幹屈曲をしない立ち上がり方をお伝えしたところ、立ち上がり動作では全く痛まずに立ち上がれるようになった。しかし、必ず病院に行くように伝えた。 翌日、病院でレントゲン及びCTの検査を行って頂いたところ腰椎の圧迫骨折と診断され、障害部位への施術は厳禁な状態であった。

成田 俊輔

コメント

今回のように患者様が希望されても施術をしてはいけない場合がありますが、その鑑別ができずにそのまま手技を行い悪化させてしまうケースもあるそうです。 施術禁忌部位を避けつつトータルのバランスを取れた良いケースでした。

肩こり、首こり

肩こり、首こり 30代 女性 会社員

初回時の状況

リンパマッサージや筋膜リリースの施術は色々と受けたがどれも2週間経たず元通りに辛くなるため、せめて1ヶ月はスッキリとした状態を維持したい。 また、職場のデスクの高さが合わずどうしても悪い姿勢でパソコン操作をせざるを得ない。

検査・カイロ整体・経過

上部胸椎と左の腰仙部を中心に強いサブラクセーションがあったので、初回と1週間後の2回目で全く同じ施術を行った。2回目の施術直後から2週間は良い状態が維持できる手ごたえがあり、実際に2週間後の3回目の施術でも良い状態が維持できていた。施術は上部頚椎、上部胸椎、腰仙部を中心にアジャストを行った。上手く施術が進んでいたので3回目と4回目では目標であった1ヶ月間隔を空けて様子を見ることにした。1ヶ月後の4回目では良い状態で来院され、途中肩こりが出たが寝たら治ったとのこと。冷えも感じなくなり以前から通っていたリンパマッサージの担当施術者にも肩甲骨に指が入るようになったと褒められたそう。現在はメンテナンスとして1ヶ月~1ヶ月半のペースで来院されており寝れば治る状態を維持できている。

成田 俊輔

コメント

色々な施術にお金と時間を使ったことを後悔されていましたので、ご希望に添える状態になって頂けたことを嬉しく思います。

顔の痺れ、三叉神経痛、肩こり、めまい、冷え

顔の痺れ、三叉神経痛、肩こり、めまい、冷え 30代 女性 専業主婦

初回時の状況

2年間の海外生活後に日本に帰国し冷え・めまい・貧血が頻繁に起こるようになった。半年前から睡眠時に目を覚ますほどの頭痛が出るようになり右耳から右頬までの痺れも感じるようになった。病院ではストレートネック及び三叉神経痛の初期段階と言われメチコバールを処方されている。ふとした瞬間に気分が落ち込んでしまうことがある。

検査・カイロ整体・経過

顔の痺れという訴えがあるためベースライン、顔面の皮膚感覚の検査、表情筋の左右差のチェックを行うが異常なし。よくよく生活習慣を聞くと家事育児に追われずっと家におり海外生活時のような開放感がない、副交感神経が優位になる瞬間に落ち込みやすいなどから海外生活と日本の生活との落差による自律神経の失調を疑い、自律神経を整えられるようなサブラクセーションのアジャスト及び交感神経刺激となるようなARTを行った。初回後は体のスムーズさ、軽さという改善であったが2回目からは徐々に痺れの頻度、程度ともに軽減していき4回目の施術後は顔の痺れとめまいの消失、肩こり頭痛もほぼ無い、気分の落ち込みも無いという改善であった。

成田 俊輔

コメント

自律神経がうまく整った為にご本人の自然治癒力が働くようになり改善した良いケースでした。最初暗い顔でいらしたのが回を追うごとに元気な表情に近づいていくのは施術する側としてもとても嬉しい変化でした。交感神経が働きやすくなるように運動習慣の再開に向けて運動靴を購入されたということでご本人が生活改善に前向きなのでこれから先の自律神経のコントロールも上手くいくでしょう。 担当 成田

てんかん

てんかん 30代 女性 事務職

初回時の状況

中学生の頃にてんかんを発症して以来、年に1回のペースで発作が続いている。ライフステージを考えて薬を減らしていきたい。月経期間に発作が起こる。肩こりも感じる。

検査・カイロ整体・経過

MMTの結果から全身の筋肉が正しく使えておらず、特に下肢の主要な筋肉は2/5~3/5であり、重力に逆らえない、もしくは重力以外の負荷がかかると耐えられないという状態であった。てんかんを訴える方の話をよく聞いていると精神状態におけるリラックスと緊張が切り替わるときに発作が起こることが多く、この方も月経期間というホルモンバランスが変わるタイミングで発作が起こるということだったので、それらを司る自律神経を良い状態にし、保つということを施術の方針とした。初回の施術により全身を使いやすくなった結果であろうがくびれが形成され、体重も特別なダイエットなどはしていないが2~3kg減少した。5回目の施術では肌荒れも解消された。肩こりは2回目の施術以来気になっていない。カイロを受け始めて1ヶ月半後の定期検査では脳波の数値は変わっていなかったものの、投薬量を減らしたことによる月経期の発作は起こらなかった。現在も良い状態の維持のために2~3週間に1度来院されている。

成田 俊輔

コメント

カイロプラクティックにてんかんを主訴としていらっしゃる方は多くありませんが、私の経験上では皆さん施術を続けて頂いて発作頻度が減少しています。現代医学では未だに有効な治療手段が確立されていないでのすが自律神経を整えることができるカイロプラクティックでお手伝いできることがあると確信しています。 担当 成田

20°の腰椎側弯がある方の肩こり、腰痛、頭痛

20°の腰椎側弯がある方の肩こり、腰痛、頭痛 40代 女性 会社員

初回時の状況

高校生の頃に20°を超えて進行が止まった腰椎左凸側弯がある。現在はデスクワークが主なため歪んだまま座っていることが腰痛を引き起こしており、肩こりや頭痛もひどく眠れないときがある。ストレートネック。

検査・カイロ整体・経過

アダムステストにて構造的な側弯があることを確認。側弯がある方は一般的な肩こり腰痛に比べて複雑な所見になりやすく、この方は筋肉の緊張も強かったため初回は胸椎に神経機能向上を目的としたアジャストが入らず可動域向上を目的としたモビライゼーションを行った。2回目からは全てのアジャストが入るようになりストレートネックも軽減されてきた。3回目では今までに比べちゃんと座れていることを実感できるようになり、その後は腰痛はかなり改善されている。現在週に1回のペースで8回の施術を行っているが肩こりも軽減しており、所見も単純化されてきたので順調な改善を示している。

成田 俊輔

コメント

側弯には既に骨が変形している構造的な側弯と、変形していないが体の使い方のクセから一時的に歪んでいるだけの機能的な側弯があります。構造的な側弯がある方はどうしてもアンバランスになりやすいので機能的な側弯も併発しやすいです。カイロでは構造的な変形を治すことはできませんが、体を整えて機能的な側弯が軽減されれば随分感じ方が変わりますので体が曲がっているように感じている方は一度ご相談ください。 担当 成田