症例報告

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰(急性腰痛) 30代男性 消防士

初診時状況

仕事中に中腰姿勢で作業していたら突然腰が痛くなった。痛みで体がくの字に曲がって腰を伸ばせないし、屈むのがつらい。歩くのもつらい。

検査・カイロ整体・経過

痛みの度合いが強く、体が斜め前に曲がった状態(逃避姿勢)でいらした。 典型的な急性の腰痛の可能性が高いと判断し、患者の負担になる詳細な検査を省き、とにかくまずは痛みを軽減させる治療を優先した。 横になるのもつらい状態であったので、カイロベッドを患者の体のくの字に合わせてセッティングし、骨盤ブロックを使用しながら患者が比較的楽に横になれる状態を作り、施術を行なった。 炎症を起こしている部位に対して冷却を行い、痛みに過敏になっている状態を緩和させた。 次に、患部の炎症を刺激しないように慎重に腰椎の可動性をチェックしながら、 痛みの出ない可動域範囲内での腰椎関節可動性の調整を行なった。 筋スパズム(強い痛みから体を守ろうとする防御性筋過緊張)を少しずつ緩和させながら、炎症を起こしている患部の腰椎の歪みを調整できる状態まで導いた。 炎症を刺激しないよう、細心の注意を払いながら患部の調整を行なった。 さらに腰のカーブを支えている腸腰筋がバランスを崩して硬くかつ弱くなってしまっていることが今回の腰痛の背景にあったと思われるため、腸腰筋のバランスを調整する施術もあわせて行なった。 翌日(2回目)、いらしていただいたときは歩くのにつらさはなくなってきたが、屈む動作がまだつらい状態であった。3日目(3回目)屈む動作はまだ少し痛むがつらさはなくなってきた。体の傾き(逃避姿勢)がなくなった。5日目(4回目)には長時間座り続けるのがまだきついが、大分良くなってきた。7日目(5回目)には長時間の座位姿勢からの立ち上がりが少し痛む程度まで落ち着いてきた。1週間後には全く腰に違和感がなくなった。

泉山 耕一郎

コメント

今回のケースは典型的な急性腰痛のパターンであり、概ね良好な回復傾向を示した。職業上、腰の状態管理が重要であり、シフトに穴をあけられないという状況であったので、早期に回復して本人もとても喜んでいただけ、本当に良かったです。担当泉山

首の痛みと脇下、腕から手のしびれ

首の痛みと脇下、腕から手のしびれ 30代男性 弁護士

初回時の状況

1か月前に朝起きた時に左のわきの下に肉離れのような、切れるような痛みを感じて以来、首の痛みと腕から手のしびれが続いている。 主観的な痛みの度合いが10段階の8レベル(10は過去最悪の痛み)とのこと。

  • 首を左に向けると左腕から手にかけて痛みが広がる。
  • ゴルフのスイングや左手で重い荷物を持つと痛みが出る。
  • 首の付け根のあたりに痛み、引っかかるような違和感がある。

検査・カイロ整体・経過

患者の姿勢は頚胸移行部が後弯しクレーンネックを呈している。頚部可動域は特に制限はないが、頚部左回旋時に頚胸移行部の痛み、左上肢の痺れ、左脇下の痛みが誘発された。 神経学検査の上肢ベースラインにおいては知覚・運動・反射すべて正常であった。 整形学検査において、サービカルコンプレッションが陽性であり、左上肢の痺れ、左肩 甲骨内側の痛みが誘発された。 併せてサービカルディストラクションも陽性であった。 オドノヒュー・マニューバーでも他動自動ともに頚部左回旋時に愁訴誘発。 スプリングテストにおいても頚胸移行部において左上肢への痺れが誘発。 可動触診ではC5右回旋制限、T1右回旋制限が検出され、T1の可動触診時に上肢の痺れが誘発された。 本症例では、頚胸移行部の椎間関節の機能低下が上肢への関連痛もしくは放散痛を引き 起こしていると判断し、T1LP 、C5LPに対する矯正(アジャストメント)を、週2 回ペースで3回行い、主観的にも客観的にも改善が見られたため、カイロ整体を終了し た。 頭部前突などの猫背姿勢が症状を引き起こす誘因となる可能性があることを伝え、 不良姿勢への注意を促し、メンテナンスケアの重要性を伝えた。 今では定期的にメンテナンスを受けており、順調な経過である。

泉山 耕一郎

コメント

今回のケースは、カイロプラクティックの得意分野である典型的なサブラクセーションが問題となっていたので、症状の割には早期改善を示した。 担当 泉山